だしを取ったあとも美味しい昆布

お料理では、だしといえば当たり前のことで、さまざまなお料理に使用されています。毎日いただく事が多い代表的な料理でいえば、お味噌汁だと言えますが、出汁なしではとてもぼんやりした味になってしまいます。料理を美味しくするうえでも、どうしても欠かす事が出来ないのが、だしだと言えるでしょう。その地域の食文化によっても、使う材料は変ってくると言えますし、各ご家庭でも好きな材料から、とっているという方もおられると考えられます。それぞれの料理で、何で出汁をとらなければいけないとかの、決まりはありませんから、お好みのもので出汁をとって良いと言えます。基本的な材料といえば、昆布やかつおぶしが代表的です。昆布で出汁をとった後に、捨てるのがもったいないから、昆布ではとらないという方もいるようですが、昆布は出汁をとった後にも、味をつければ美味しく食べる事が出来ますから、活用したいと言えるでしょう。

料理の基本のだしについて

和洋中料理のジャンルはたくさんありますが、どの料理にも必要なのがだしです。味の基本を作るために必要な不可欠になります。日本料理には特に重要な味のベースで、だしさえしっかり取っておくと後は整えるだけで味が成り立ちます。洋食や中華は調味料の味をしっかりつけるので、ベースの味はぼやけてしまうこともありますが、それでもしっかりベースを作っているかどうかで味のまとまり方が全く変わってきます。そして、日本料理はベースや土台の味が料理本来の味になることが多く繊細な味が多いので、ベースがとても肝心になります。どの料理を作るのかどの材料でベースを作るかを考えれるかで自分の料理の味が出来ます。ベースになる味を作れないと和食を作る時は特に味が決まらず、ぼやけてしまいます。本格的な美味しい料理を作るためにはベースを作れるようになると完璧です。

味噌汁はだしで味が変わる

日本人の好きな味噌汁は色々な具材がありますが、だしというのは味噌汁の味の基本になっているといえます。たとえばだしにはかつおや昆布というので取りますが、かつおぶしというのは昆布よりも味が濃い風味になる味噌汁ができます。かつおぶしであれば豚汁など具材がたくさん入っている味噌汁や、わかめや豆腐などシンプルな具材の味噌汁もぴったりです。そして昆布の場合にはあっさりとした風味が特徴になりますので、お正月のメニューでもあるお雑煮やお吸い物を作るときにおすすめになるでしょう。昆布のだしの場合にはかまぼこやつみれ汁などの魚介の具材や、鶏肉やにんじんといった具材をあわせるとおいしいお汁を作る事ができます。お汁の具材に合わせて毎回選ぶことが当たり前で、面倒ではあってもきちんと手作りすることでおいしいお汁ができます。